« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

GW!!快晴の編笠山、権現岳(2015/5/5~6青年小屋泊)権現岳編

山小屋の朝は早い。。。と言いながら、ここは夜中に出かけていく人もいなくて、
山小屋の割にはゆったりとした朝。

青年小屋名物、オーナーの奥様手作りの焼売。
朝からほっかほかの焼売をいただきました。
美味しかった~~♪
Img_3012


部屋に戻り荷造りをしていると、
二階に宿泊していた方が
「綺麗な雲海がみえるよ!」
とお部屋に案内してくれました。


すると、、、、

凄い!!!!

小屋の二階お窓から見える富士山と雲海。
雲の上を歩いて富士山までかれそう!!

雲海にはフラれ続けてきたので、こんな見事な雲海をみたのは
これがはじめて!!!
ああ、来てよかった。

Img_3015




しばらく、部屋のまどから雲海を堪能したあと、再び荷物をまとめ部屋を方付け
出発です。
今日は、すぐに下りてしまう予定でしたが、夕べ、小屋のみなさんの話を聞き、
権現岳にチャレンジすることにしました。無理そうなら勇気ある撤退を、と心に。

荷物は、小屋に置いていってもよいとおっしゃってくださったので、
お言葉に甘えて身軽な状態で。
1人だけ、4人分の雨具や水分などを入れたザックを背負っていくことにしました。
そのひとりが、なぜ私なのか、すごく疑問。男三人もいるのにwwww

6時52分。出発

Img_3016

空荷できたけど、結構な雪。ステッキおいてて来ちゃったよ。
登りはいいけど、下りきついなw
Img_3018


でも、ふと振り返れば、見事な雲海。
凄い。。。。。。。。。

これね、これが、みせたかったのよ。
子どもらに。ひとつ、悲願達成。
雲の上にいるよ。私たち。

Img_3025

Img_3026

標高2530m。
近場の山を何年もかけて少しずつ登ってきた
ファミリー登山。
2500mを超えてくると、酸素の少なさを徐々に
体感として感じ始めてきました。
ペースががくんと落ちてくる・・・・。

Img_3037


気が付けば、慎重にいけば問題なくても、足をすべらせたら
助からないだろー、って緊張感が漂ってきて。
私と長男はまだしも、あとふたりをこのまま連れて行っていいのか
迷いが生じ始める。


Img_3045

もうちょっと、がんばってみよう。
Img_3048

岩場が多くなってきた。。。。
高度感もある。
Img_3056

権現岳山頂近くのトラバース。
慎重に進んでいく。
すでにかなりコースタイムをオーバー。
でも、もう、そんなことは気にしないで
ゆっくり。ゆっくり。慎重に。
先頭は長男。間にふたりをはさみ、最後尾に私がつく。

Img_3060


8:37 権現岳山頂到達!!!
2時間近くもかかってしまったけれど、
絶景。やったー。よくがんばった。
私は見守る緊張感のあまり、登頂の喜びもままならなかったけど。
Img_3068

Img_3071a

Img_3078


Img_3079


Img_3080


さて、帰ろう。渋滞する前に。
しっかし、下り、大丈夫かしら。。。


心配をよそに順調に下山。
無事、青年小屋まで戻ってきました。
昨夜頼んでおいたおにぎりを食べ、
荷物を整えて、小屋の方にご挨拶をして。
下山します。
素敵な想い出をありがとうございました。
また、来ます。
また、大人になったこの子たちが
ふらりと来ることがあるかもしれません。
そんな日まで。
待っててくださいね。

11時下山開始。

Img_3086


Img_3089


押手川到着。12:09
Img_3091

Img_3093

雲海到着12:49
Img_3105


12時43分。観音平駐車場到着。
無事、戻ってきました。
お天気にも人にもタイミングにも恵まれた
素晴らしい山行でした。
出会ったすべての人、すべてのものに感謝です。

Img_3111


さ、2日ぶりにお風呂はいるぞー(笑)
観音平から車で少し行ったところにある
鹿の湯でのんびり、さっぱり。

http://happoen.jp/hotspa/higaeri.html

Img_3113


帰りの高速もスイスイと。
ゴールデンウイーク最終日、悪くない選択かも。


本当に、いろいろなものに恵まれた今回の山行でした。
物より思い出。ですね。


それにしても、GWの八ヶ岳、人が少なかったなあ。
昨年の八丈島で人の少ないところで過ごすGWというものに
味をしめた私でしたが、八ヶ岳、八丈以上に人にあわなかったかも。

これは、恒例になるかもしれないです。
八ケ岳、まだまだ知りたい!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

GW!!快晴の編笠山、権現岳(2015/5/5~6青年小屋泊) 編笠山編

旅行計画が2転3転した今年のGW。
出発前日に突如として浮上してきた八ヶ岳。
「そーだ!編笠山に行こう!」

長い今年のゴールデンウィークのラスト2日。
5時前に都内の自宅を出発。
渋滞なしですいすいと観音平まで到着。

8時過ぎに観音平の駐車場に到着。
ラスト1台のスペースに滑り込み。

8時45分クライムオン!!(観音平駐車場 標高1560M)

樹林帯を黙々と登っていきます

11233502_838852382874939_19310325_2


9時48分 雲海(1880M)到着。
Img_2897


雲海から再び、しばらくは展望の効かない針葉樹林帯を登っていきます。
Img_3830

苔。八ヶ岳に来たんだなーと感じます。
Img_3838


Img_3832





10時46分 押出川に到着。(2100M)

Img_3844


ちゃんと標識があったのに、
編笠山頂ではなく青年小屋方面に進んでしまいました。
けれど、それに気がつくのは大分あと。
すれ違った方に聞くまでまったく気が付かず。
結果、青年小屋に荷物を置いて、編笠山登頂できたので
よかったのですが、とんでもない方向にむかっていたら
大変なことになるところでした・・・。反省。

Img_3842


押出川から少し歩くと展望の良い場所にでました。
富士山~~♪

Img_3848


南アルプス・・・かな?
Img_3852


標高があがるにつれ、歩きにくくなってきます。
Img_3863

雪が少しずつ姿をあらわしてきます。
Img_3875


青年小屋までもう少し!!と、すれ違った方が教えてくださいました。
←ここで山頂ではなく小屋に向かうまき道を歩いていたことに
やっと気が付いたというW

このあたりには雪がかなり残っていました。
とはいえ、アイゼンを付けるほどではなかったかな。
(例年はもっと多いそうです)
Img_3899

青年小屋到着!!(12時54分)標高2400M
あこがれの「遠い飲み屋」到着です!
Img_3902

なんと!!個室に案内されました!!!
目の前は編笠山がどーーーーん。

Img_3903

お約束ですが、気圧のちがいからえびせんの袋が
パンパン! 
Img_3906


荷物を部屋におき、小屋のテラスで昼食を済ませたあと
編笠山山頂を目指します。(14:25)

Img_3907

壮大なアスレチック!!
Img_3913


ずっとこんな感じの岩登りかと思っていたら、
途中からは雪道。

Img_3922


30分ほどで山頂到着!!(15:01)

11150149_838854056208105_1234541797


南アルプス
Img_2964

中央アルプス 御嶽山の噴煙がここからでも確認できました。
Img_2966

北アルプス
Img_2967


振り返れば八ヶ岳連峰どーん。

Img_2968


素晴らしいお天気。美しい景色。
しばらく山頂でゆっくり過ごしました。
皆、いい顔してたな~・



しばらくのんびり山頂を満喫したら小屋にもどります。

上から小屋をみてみると~~~~。
よく登るよね(笑)

Img_3953_4

青年小屋のテン場。広くて気持ちよさそう。

Img_3957_2

この小屋では水の供給はしていないので10分ほどの水場まで
今夜使う水を汲みに行きます。こんな経験も新鮮です。
うう~水がつめたいっ。
Img_3960_2

小屋にもどるとブランコ発見。思わず乗ってしまいますね。
いくつになっても。中3男子も乗ってました(笑)
Img_3962_2


さてさて。やっとひといき。かんぱーい。

Img_2990_2



そして、楽しみにしていた夕食。
こちらの小屋はアジフライが美味しいと前情報。
Img_2994_2

アツアツのサクサクのアジフライ。
味がしみ込んだふろふき大根。
ほっかほっかのお米。
どれもとっても美味しくて。
どれもとっても愛情が感じられました。
これ、小屋の方が材料を担いで登ってきているんですよね。
登山者に喜んでもらおう、ホットしてもらおう、って感じが
伝わってきました。
Img_2995_2


夕食後はふたたびテラスで、宿泊している方々とお話しながら
日が沈んでいく様子をながめていました。
小屋と夕日のコントラストが素晴らしい。
しっとりとしたいい時間。

Img_2998_2


Img_2999_2


夜は小屋のオーナ、山岳救助隊隊長の竹内さんを囲んで
楽しいお喋りタイム。
21時を過ぎたら消灯タイム。ランプのなかでの語らいが、また乙。
竹内さんはじめ、みなさん、濃ゆい、濃ゆい(笑)
こんな時間を過ごせるのも山小屋の醍醐味かもしれません。
みなさん、楽しい時間をありがとうございました。

Img_3011_2


さて、明日に向けて、寝ますか。

おやすみなさいー

続きを読む "GW!!快晴の編笠山、権現岳(2015/5/5~6青年小屋泊) 編笠山編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »