2015年7月 5日 (日)

梅雨の晴れ間に大倉~丹沢山ピストン(2015/6/28)

今年の梅雨はよく降る。特に、土日に狙ったかのように降る。

・・・と毎年言っている気がするw


ゴールデンウィーク以来バタバタなのもあってどこにも行かれず、
気が付けば、来月は北アルプス縦走。
これは~~~マズイ。
ということで、いままで避けてきたあの場所へ。
トレーニングがてら行ってきましたよ。
行く前にこんなにワクワクしなかった山行もめずらしいw


というわけで、がんばって早起きして~。

8:18 大倉尾根入口。
そう、あの単調でながーい大倉尾根、登りますよ~。

Img_4107_3


ここ数日の雨模様が信じられないくらいの快晴!
丹沢登るには暑すぎるくらい・・・(30度越えw)

Img_4108


25分くらい歩くと分岐。といっても、どちらにいっても
同じ場所につくみたいですけれど。
ここで、いつも迷うんですよね。どちらから行こうか。
そして、いつも大倉高原山の家を経由しないほうを選ぶんです。
絶対、こちらのほうが少しは近い。。。気がする(笑)

Img_4109

Img_4110

15分弱で先ほどの分岐からの合流地点へ。

Img_4111

歩き出して40分。見晴茶屋に到着(9:00)
Img_4113

休憩なしでガシガシ登っていきます!
ほとんど景観のない大倉尾根から時折みえる景色。
大分登ってきました。
Img_4114


Img_4115


見晴茶屋から30分ほどで駒止茶屋に到着。(9:33)

Img_4116


堀山の家到着。(9:56)
今日は人が多い。
そして、ここを歩く人たち!皆速い~~~(笑)
他では、年中休憩をしているひと、へばっている人たちを
抜かしていくこともよくあるんですけれど、今日、すれ違う人たちは
サクサク歩いている人が多い!というのが本日の感想。
歩きなれた人たちがトレーニングがてら登っているという感じですね。

Img_4117

富士山~~~!!!!

Img_4120

花立山荘到着(10:40)

あれだけ、ピーカンだったのに、気が付けばガスガスw
そして、調子がわるいのか、オーバーペースだったのか、
私、いつになくバテバテ・・・(涙)
Img_4123

もうひとふんばり。相方さんは疲れたといいつつ、
まだまだ余裕。。。
Img_4125

塔ノ岳山頂到着~~~(11:20)
スタートから約3時間。
CT3時間半なので、そこそこのペースですかね。
といっても、私バテバテですがW
Img_4127

そして、視界ゼロ・・・・・・・・・・W

さて、ここでひと悶着。
ここを到達点とするか、丹沢山まで足をのばすか。
昨年、ヤビツから表尾根縦走でここまでは来ているのですが、
丹沢山はまだ未踏。
とはいえ、時間的にも体力的にも微妙・・・・・・。

しばし悩みましたが。

行ってみましょう!丹沢山。
百名山だしね。一度は行かなきゃ。


というわけで、再び、スタート。(11:33)
Img_4129

どういうわけか塔ノ岳を出発した途端、晴れ間が。
塔ノ岳から丹沢山。Ct1時間10分。
大倉から登ってきた人たちにはご褒美のような美しい稜線の連続でした。
お昼前に塔ノ岳に着いた方はチャレンジしてもよいかも。

Img_4131


Img_4133


Img_4135


オオバイケイソウってお花だそうです。
後程、マイミクさんが教えてくださいました。
丹沢山周辺にたくさん咲いていました♪

Img_4138


Img_4139


Img_4140

塔ノ岳から1時間弱で丹沢山到着(12:24)
Img_4143

標高1567.1M!1277M登ってきましたよ~~。
Img_4144

山頂は広くて、混雑した塔ノ岳よりのんびりと休憩ができます。
ほとんど休憩なしで登ってきた私たちも、ここでお昼休憩~。

そして、なんとびっくり。ここでマイミクさんにばったり(笑)
Img_4145


30分ほどお昼休憩をとったあと、

「すこーし歩けば景観のよいところがありますよ」

とのマイミクさんの言葉でちょっとだけ足をのばしてみました。


Img_4146
(12:56)
この稜線をあるいていけば蛭ヶ岳。
こっちまで足を延ばしたくなります。

Img_4147
13時。再び丹沢山山頂へもどってきて、記念写真。

Img_4149


三角点。(13:05)

Img_4151_2


さ、予定より遅くなったし、帰りは一気にいきますよ~。

といいつつ、花立山山荘でかき氷。
前回来た時から食べたかったんですよね。
山小屋で400円ってお安い!

Img_3888

そして・・・・・
ここからは、本当でガツガツ、ふらふらになりながら一気に降りました。

そして、16:15
登山口まで降りてきました。
かき氷休憩こみで3時間。
頑張りました。バテましたW
あすは、確実に筋肉痛~~~。
Img_4156


鶴巻温泉に立ち寄り汗を流し、
ビールとお蕎麦で乾杯。

お疲れ様でした。

バテバテだったけれど、8時間歩きとおせたし、
百名山もひとつ制覇できたし。

なかなか良い思い出になりました。

次は、期待と不安でいっぱいの北アルプス縦走です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

奥多摩散策 御岳山→ロックガーデン→大岳山→鍋割山→御岳山(2015/4/26)

久しぶりの山歩き♪前回に続き、奥多摩へ。
車を滝本駅の駐車場に置き、
ケーブルカーを使い御岳山駅へ。
楽ちん。楽ちん♪
(朝、8時。駐車場まだまだ空きあり)
Img_2783

Img_3661

 8時35分。御岳山駅からスタート。

このあたりは、まだまだ観光地ムード(笑)
Img_3663_2


普段あまり花に関心がない私でも目を引かれる鮮やかな花がたくさん。
春の山っていいな~。


<シャクナゲ>
Img_3669

<ヤマブキ>
Img_3672

10分ほど歩くと、御岳土産物街に到着。
Img_3676

8:55 武蔵御嶽神社到着
(御岳山 929m)

Img_3679

春の山っていいな♪
そういえば、こんな雰囲気の春の山ってきたことなかったな~。
Img_3680

かわいらしいベンチを発見!
でも、これ、なんだか座るの気が引けて・・・
座りにくいですよね(笑)
とくに、河童くん、座っちゃうと痛そうだしw

Img_3681  Img_3682


今日は、ロックガーデンを散策してから大岳山を目指します。
Img_3685

道を間違え、七代の滝を経由するつもりが直接天狗岩に
来てしまいました。(9:17)
スルーするのはもったいないので、
七代の滝へと降りていくことにしました。
降りるにはちょっぴり急な道。
Img_3688

10分ほどで七代の滝に到着。
マイナスイオン!!!
この場所、大好きです♪
Img_3690


Img_3701

カエルの卵発見!!
Img_3703


鉄梯子を登って戻ります。
Img_3705

再び天狗岩。
前回来たときは登ったんですけどねえ。
今回はそんな雰囲気なかったな。
滑りやすそうだったし、登っている人いなかったし。
Img_3707_2

さて、綾広の滝へ向かって歩きますか。
空が高い。
Img_3718


Img_3719

Img_3721


綾広の滝に到着(10:12)
Img_3725


芥場峠に向かう途中・・・だったかな?
満開のヤマザクラに出会いました。
Img_3726

大岳山に向かって歩き始めると・・・
「これより岩場 滑落注意」の看板が。
Img_3732





Img_3734


大岳山山荘に到着。(11:20)

Img_3735

ここから、さらにゴツゴツとした岩場が。
もう、着いた!って気分だったのに~。

Img_3737


Img_3742

ロックガーデン経由してきたら思ったより時間かかってしまって。
チビ、疲れさせちゃいました。(11:41)
というよりね、もう、お腹すいちゃって。
行動食を忘れたのが痛かった。

Img_3748


Img_2814_2 Img_2815_2

でも、お弁当たべながら休憩したら、復活(笑)

下りはサクサクいきまっしょ。(12:35)
Img_3752

帰りは鍋割山経由で。
山頂は混んでいたのに、急に人気がない。
Img_3753


<ミツバツツジ>
Img_3754


途中ですれ違った方が「もう少し先にカタクリの花が咲いているよ」
と教えてもらいました。

Img_3755

鍋割山山頂での写真をとりわすれました。
でも、山頂、、という感じではありませんね。
ふつうの分岐みたい。地味ですw




鍋割山山頂からは、少し道が荒れている感じ。
Img_3765


Img_3766


Img_3767


Img_3770


Img_3772

商店街にもどってきました。

Img_3777

神代けやき。
空に向かって手をひろげているみたい。
神々しい姿。
Img_3782


高嶺の花。シャクナゲ。
(実は、これがシャクナゲと知らず、あとで友人たちに
教えてもらった&笑われたw)
Img_3784

御岳山から見る男具那ノ峰(奥の院)

Img_3787

そして、日の出山。
Img_3788

帰りも、ゴンドラ利用♪以前、このゴンドラのアナウンスが
とても面白かったんですよ。係員の方がナマでしゃべってらして。
今は、録音になってしまって。残念。とってもさみしい。
Img_3789


今回は、普段、花などには無頓着な私でも
心の琴線に触れる春のお花に包まれた山歩きをたのしめました♪

さ、ゴールデンウィークは安達太良山へ♪♪

・・・なんか、雨予報がでてきた?!(涙)









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

2015/3/26  高水三山プチ縦走と真っ黒な音別府そば♪


前回の入笠山は別枠とすると約3か月ぶりの山歩き。
今年の山シーズンのはじまりです♪


今回選んだのは、「高水三山」。
JR青梅線軍畑駅から出発して高水山→岩葦石山→惣岳山と三つのピークを経て
御嶽駅に戻るという総歩行距離9.3km、標高差登り563、下り548と程よい感じのコースです。

9時 軍畑駅を出発。
「軍畑」と書いて「いくさばた」と読むんですね~。
かっこいい!




しばらくは、こんな感じの里山を車道歩き。
Img_2323


春ですね~~~。花粉がすごい(涙)



40分ほど歩くと登山口に到着。
(9:37)




Img_2330

お約束で「シダ植物~~~気持ち悪いっ!」

Img_2332_2


高水山と上成木方面の分岐。(10:18)

Img_2350

登山口から50分くらいで常福院に到着。(10:26)
こちらでトイレをお借りできます。この先下山までないので、ここがラストチャンスです。

Img_2356    Img_2357_2


常福院からは5分くらいで高水山山頂に着きます。
高水山759m。展望はイマイチ(笑)
Img_2365

写真を撮ったら休憩なしで次の岩葦石山へ。

Img_2367

しばらくはのどかな尾根歩き。

Img_2371

これは、楽勝~~♪と思っていたら、
次第に岩がゴツゴツとした急登出現。

Img_2372

Img_2373

ここを登りきると岩葦石山山頂(793m)到着~~。(11:08)
なかなかの展望です。
Img_2382
というわけで、ここでお昼休憩。
山で食べると何でもおいしい!

Img_2383_2 Img_2384_2

向こうに見えるのは「棒ノ折山」
友人が「そこから棒ノ折山まで歩いていかれるよ~」と
教えてくれたのですが今日は、おとなしく、次の惣岳山に向かうことにしました。
久しぶりなんで、体がなまってて・・・wいや、花粉でねw

Img_2378_2

40分近くお昼休憩をしてしまいました。
次の目的地、惣岳山に向かいます。(11:49)

Img_2386

平和な尾根歩き♪

Img_2390

お疲れの方は、惣岳山に向かわず、ここから直接御嶽駅にむかう
まき道もあります!このようにエスケープルートがあると心強いですね。
もちろん、私たちは、3つめのピーク惣岳山山頂を目指します。

Img_2391

下りとなだらかな尾根歩きに慣れたころに
再び急登り出現(笑)
下りになれたころの上りって結構きついw

Img_2393


Img_2395


そして惣岳山山頂(756m)到着。(12:31)
ここは展望なし。なので写真をとったらすぐ下山。
Img_2407


ここの分岐で御嶽駅ではなく沢井駅方面に向かうこともできます。
沢井駅方面に降りて、「澤乃井」に寄って日本酒飲み比べというコースも
非常に心が惹かれましたが、今日は未成年と一緒なので予定通り御嶽駅へ。
実はこのあとが本日のメインイベントが待っている♪

Img_2414 

時折でてくるダメ押しの急登。

Img_2421

麓の町がみえてきました。
最後は静かな竹林のなかを歩きます。

Img_2424


下山。(13;47)
慈恩寺というお寺がありました。
Img_2425

今日歩いてきた山々がみえます。

Img_2427

御嶽駅の近くに有名なお蕎麦屋さん「玉川屋」
かやぶき屋根がいい感じ♪
Img_2429

でも、今日はここをスルーして、
御嶽駅から10分ほどあるき・・・。

「ぎん鈴」さんへ。
こちらは北海道直送の音別府そばが食べられる旅館。
日帰り入浴も可能です。
前の日に電話をしておいたら、丁度夕方団体さんが来るので
こちらにどうぞ、と客室に通してくださいました。
客室からは渓流もみえて、とっても素敵な空間♪

Img_2439

お風呂にはいって花粉を洗い流しw
さっぱりして部屋でくつろいだころ、
音別府蕎麦と季節の天ぷら、そして、オリオンビールが登場。

本当に真っ黒なおそば。
腰があって美味しい!

Img_2448

そして、ふきのとうの天ぷら。
サックサクです。
しあわせ~。
Img_2447

おかみさんのご厚意にあまえ、帰宅に都合の良い電車が
くるまでお部屋でのんびりさせていただき、
宿をあとにしました。
ごちそうさまでした。
御嶽に来たら、また立ち寄らせていただきますね♪

そして御嶽駅。
丸ポストがかわいい。

Img_2450

高水三山、さすが人気あるだけあって、
低山ながら山歩き気分がちょうどいい塩梅で味わえる
よいコースでした。

今度は、冬、アイゼンつけてここを歩いてみたいな。

2015/03/29 記

続きを読む "2015/3/26  高水三山プチ縦走と真っ黒な音別府そば♪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

入笠山でスノーシューデビュー♪(2015/3/8)

皆様あけましておめでとうございます。
バタバタしているうちに、三月になってしまいました。

昨年行った、夏の新穂高、紅葉の伊豆が岳縦走、年末の金時山の
ブログも書いていないのに(笑)

完全に出遅れた感満載ですが、今年初登山は「入笠山」♪
初雪山です。

入笠山では、「マナスル山荘」と富士見パノラマリゾートでスノーシューがレンタルできます。
けど、問い合わせたら、マナスル山荘は宿泊されるお客様が宿主催のスノーシューツアーにでかけるため
余りがないとのこと。富士見パノラマリゾートは、7時半のオープン同時なら待ち時間はないけれど、
8時過ぎてくると30分待ちの可能性もと。日帰りで行くのに、レンタルに30分は待ちたくないw
あまり待つようならなら6本爪アイゼンで登ろうかと思っていましたが、
朝4時50分に東京の東側にある自宅を出発したところ、渋滞なしでスイスイと7時半前に富士見パノラマリゾートに到着♪
ということで、スノーシューをレンタル♪

初、・スノーシューです!!
(これ、スキーとは違います。登山用具のひとつで、「かんじき」みたいなものです。
これで、スキーのように滑り降りたりできるものではありません。
これをはくことによって、沈み込むことなく新雪のなかを歩くことができるのです。)



8時半の始発ゴンドラに乗り込むつもりが、、、、
8時45分くらいになってたかもw

スキー客に囲まれ、アウェイ感半端ない(笑)
気にせずゲレンデを横目に登山口へ。
(09:04)
朝早く降っていた小雨もなんとか止んだものの、
くらーくて、ガスガス。なーんもみえませんw←いつもこんなですが。
Img_1881


・・・想定外。だーれもいない。

前の晩から明け方にかけて、かなり降ったようで、
道しるべのロープも埋もれ、道しるべも頭だけ出ている有様。

ふかふかの新雪。たのしすぎる!


Img_1899_2





雪で顔型をとってみる。くっきり(笑)



だーれもいない。足跡ひとつない入笠湿原。(9:30)


屋根の上の雪が結構危険な状態になってます。





それにしても、静か。三組くらいの登山者に会いましたが抜かれていきましたw

Img_1918

マナツル山荘到着~♪
おかみさんが外に出て、登山者たちに声をかけてくださっていました。
なんかホッとします。
Img_1923
後で寄りま~す♪行ってきまーす♪とご挨拶して山頂へむけて出発。
(09:53)

多少の踏み跡がある感じと新雪の塩梅がほどよい感じ。
Img_1924


頭だけ出している標識(笑)
Img_1930

山頂に近づくにつれ、勾配がきつくなってきました。
こうなってくると、スノーシューだと少し歩きにくくなります。
Img_1934


10時45分山頂到着~。ゆっくりペースw
予想通りの展望ゼロ(笑)
Img_1937


子どもたちは、すぐさま雪合戦して遊びだしたけど寒いのですぐ下山w


そして、ちょっとムリムリだけどやってみた。尻シェード!!
Img_1950


あっという間にマナスル山荘にもどってきました。(11:27)
アレ、まだ、あるかな~~~。
Img_1953



じゃーん!ありつけました。噂のビーフシチュー。
お肉大きい!やわらかい!おいしい♪
Img_2099


食べ終わったら、しばらく、山荘の前で雪遊びさせていただきました。
Img_1960

小さなプラスチックそり?も山荘のお庭に置いてあって貸出してくれます。
これが短い距離ながら結構な斜面でかなりとスリリング!
もー、楽しすぎる(笑)

Img_2077_2  Img_2081_3


まだまだ、遊んでいたかったけれど、中央道の大渋滞にハマリたくなかったので
早めに山荘をあとにしました。

入笠湿原に戻ってきました。
Img_2159

なんだか、よい光景。

Img_2163

心の中にも、新しい足跡自分でつけたね。きっと。
Img_2167



そして、いつものことだけど、山を降りてきたら晴れてきましたw
Img_2168

お天気はイマイチだったけれど、初めての雪山、初めてのスノーシュー。
楽しかった。来年は高見石小屋あたりでゆったりのんびり一泊して、
北八ヶ岳歩いてみたいなあ。

さて、今年はどこにいきますか。
どうか、晴れますように(笑)

2015/3/9 記 ユキ









  















続きを読む "入笠山でスノーシューデビュー♪(2015/3/8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

色づき始めの景信山→小仏→城山→高尾山縦走(2014/10/27)

ものすごく久しぶりの平日登山。

JR高尾駅から京王バスに揺られること約20分。
月曜10時30分。
現実社会からの逃避成功(笑)

誰もいないかと思いきや、そこそこ登山者がいる。
・・・登山者しかいない、ともいうけどw

Img_3289_2

道なりに車道をのんびり歩く。
左側には小川が流れ、なんだかいい感じ。

Img_3290



ゆっくり歩いて20分くらいで景信山登山口へ到着。
Img_3291


思ったより、暗くて湿っぽくて急で、山らしい登山道。

Img_3293


Img_3299

分岐。
Img_3300

Img_3301



Img_3299_2


Img_3304


茶屋がみえた~~~!!!
Img_3309


Img_3311

11時45分。景信山山頂到着。
期待以上の景色。
東京なのに。標高低いのに。
山の景色だ~~~。

・・・また、ガスってるじゃんっていうのは、飲み込んでおいてくださいw

Img_3313

平日なので茶屋はお休み。なので閑散としていますが、
ここ。天ぷらが美味しらしい!
今度、陣馬から縦走したときのお楽しみだな♪

Img_3314

うっすら富士山みえてます。
霞んでてもきれいよ。うんw
Img_3315


少し景色を楽しみつつ休憩したあと、小仏峠に向けて出発。
(11:50)
Img_3317


景信山から小仏峠への道。
なんか、初体験な景色。すきだな~。この感じ。

Img_3319

Img_3323

Img_3322

道標にしたがって歩いていけば、迷うようなところはありません。

Img_3320

小仏峠到着~。(12:19)
三条実美や明治天皇の碑がある・・・らしいけど、
私が気が付いたのはこのたぬきだけw

Img_3327

さ、城山までもう少し歩きますか!

しばらく歩くと相模湖がみえたっ。

Img_3332


落ち葉が綺麗です。

Img_3335



鉄塔がみえてきたら・・・・
Img_3336

城山到着!(12:41)
手前の青い茶屋は、東京都。
そのお隣の茶屋は神奈川県!!
Img_3339



Img_3345

小仏城山の木掘りの天狗と記念撮影。

Img_3347


これが、有名な城山のなめこ汁~~~。
おいしかった!!持参したおにぎりと一緒に昼食タイム。
かなり本格的に鍋やりつつ、飲み会になってるグループもありました。
低山とはいえ、下山もあるのに、そこまで飲んで大丈夫なのかしら?
と心配になってしまいました。

10355374_725528297540682_3162983399


お腹もいっぱいになったので高尾山へむかって出発(13:17)
Img_3350

のどか~~~~。

Img_3355

紅葉台到着(13:49)
ここらまでくるとそこかしこにトイレやら茶屋やらあって、
一気に観光地っぽい雰囲気に。
たまには、こんなのも気楽でいいなー。

Img_3358


Img_3361


Img_3362

高尾山到着~~~。(13:59)


さっきご飯食べてた気がするけど。
ま、いっか(笑)
とろろ付きにすればよかったw

Img_3367


高尾山は紅葉始まり・・・といった感じかな。

Img_3369

薬音院。ひさしぶりだ~~。

Img_3372


Img_3374 Img_3375

ひっぱりダコ。

Img_3386

ゴンドラ乗り場に到着。
なんとこの日初めて天狗焼を食べました。
いつも大行列であきらめちゃうから。
餡子が、美味しい!

7101_724993787594133_83856491094591

ここからは、リフトで楽々。
でも、私、これ、怖くて・・・。歩いたほうが楽(笑)

Img_3394


15:25 降りてきました。

なんだかんだ、5時間。よく歩きました。
高尾にいくならちょっと足をのばして、このコース。
おススメです♪
しかし、よく食べたなっ(笑)

Img_3395

2014/10/27 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

紅葉の男体山!!(2013/9/28)

夏山には、雨、雨、雨で降られっぱなし。
9月に入って、晴天の日は予定あり。
もう、やさぐれてましたが。
ひさびさにめぐってきました。
山に行かれるチャンスに、ぴーかん。
今年、晴れている山に登るのはじめてです(笑)

でも、これだけ散々週末雨が降って、登山者を泣かせてきたのに。
やっと晴れた今週末に御岳山噴火するなんて。
あの日。お約束通りの「週末は雨」だったら、どれだけ、犠牲者が減ったことだろう。

災害に合われた方のご冥福を心よりお祈りします。

*****************************************************
さて。朝五時。浅草始発。「東武スカイツリーライン」
6時20分頃ならば東武日光まで直通の快速が出ているのですが、
これだと登り始めが10時近くなってしまう。。。
時間に不安があったので、
こちらに乗り込みました。
東武動物公園と栃木で乗り換え、7時36分東武日光到着。
運賃1358円。東武鉄道、太っ腹!!!

7時50分の東武バス「湯元温泉行」に乗り込みます。
(Suica使えます。1150円。
時間があれば、東武日光駅で「中禅寺温泉フリーパス(2000円)」を
買っておけば、ちょっぴりお得です)

混み混み覚悟でしたが、あっさり座ることができました。
7月に行った丹沢方面のバスのほうが、はるかに混み混みだったな。
いろは坂を超え、二荒山神社で下車。(8:44)
目の前に中禅寺湖が広がります。

Img_3016

いろは坂も中禅寺湖も、紅葉はまだ色づき始めといったところ。

二荒山神社前のバス停を降りると目の前に神社に向かう階段がみえます。

Img_301815jpg


まずは、社務所で記名し登拝料(500円)をお納めし、
お守りをいただきます。

Img_302315

神社にお参りしてから、出発です。(9:00)



男体山は、富士山のように○合目、という標識があるんですね。
いきなり、登山者泣かせの階段です。
5分くらいで1合目に到着。

Img_302515

しょっぱなから結構急な斜面が続き、3合目から4合目にかけては、
緩やかな林道(車道)歩きです。

4合目到着。(9:40)
ここで初めて中禅寺湖が見えました。

コースタイムより大分早い到着。
まだまだ、余裕です♪♪

Img_302715


でも、この鳥居をくぐってからが本格的な登山開始でしたw(9:57)

Img_303015

標高が上がるにつれ、木々が色づいてきます。
とっても綺麗♪
でも、何気に急こう配w
Img_303115

Img_303315_2


Img_303515_3


5合目到着~~。(10:16)
これは、無人の避難小屋ですね。

Img_303615_2

続く急こう配での疲れを癒してくれるのが、時折姿をみせてくれる
段々と小さくなっていく中禅寺湖!
なんか、赤城山に似てるパターンだな。
Img_304215

このあたりから、岩、岩、岩!!!!
Img_304415


6合目到着~~。(10:30)



Img_304710jpg Img_304815jpg_2

だんだんと、岩が大きくなってきて、よじ登らないといけない箇所も
増えてきます。
トレッキングポールをザックにつけ、両手が使えるようにしました。

Img_304915

段々と・・・中禅寺湖がみえても、大喜びしなくなってきた(笑)


Img_305215

続く、岩!!岩!!岩!!

Img_305715_2

段々と辛くなってきましたw

Img_305915


このあたりから、疲れてきたんでしょうね。
7合目の写真、撮り忘れました(笑)

というわけで、8合目到着。(11:35)

Img_306015_2

Img_306110

ここまで、来たら山頂まではあと少し!!
・・・だといいんだけど(笑)

Img_306615

紅葉まっさかり~~♪♪
けど、斜面、きっつい。
段々、足が思うように上がらなくなってきました(涙)

Img_306815


頼りにしていた相方の心が・・・・
折れた(笑)
Img_307215

こうなると、体力より気力。
そこはやっぱり、年の功。(笑)
Img_307610jpg

やっと9合目到着!!(12:01)
ヘロヘロながらも、ペースはコースタイムとほぼ同じ。
いい感じです。・・というより、コースタイムで歩かないと
日が高いうちに、バスがあるうちに降りてこられない!
13時半すぎても山頂にたどり着かなかったら、その時点で
降りようと決めていました。

Img_307410

樹林帯をぬけると、山頂がみえてきました!!

Img_307915jpg


お~~~~紅葉と中禅寺湖がうつくしい。
Img_308015jpg

最後は、ザレ場~。

Img_308215

ちょっと霞んできた・・・。けど、素晴らしい景色!
Img_308315


そして、やっと山頂到着~~(12:27)
(正確には山頂はここではありませんでしたが・・)
二荒山大神と記念写真をとらせていただきました。
Img_308615

山頂ご飯は、なにを食べても美味しい。
でも、あまりの空腹と疲労とにご飯を食べている写真はありません(笑)
人間って単純な生き物で、こうやって綺麗な景色をみて、
美味しいもの食べると、すぐに元気になっちゃうんですよね。

少し休憩したら、ホンモノの山頂へGO!

Img_309515

Img_309710


ココが本当の山頂!ご神剣が輝いています。
Img_310310

男体山山頂影向石(13:01)
Img_311510

13時15分頃、下山開始。山頂滞在時間45分くらい?
あれだけ苦労して登った道を、
今度は下って行かなければいけないというw

Img_311710

毎度のことながら、下山は写真なし(笑)
黙々とおります。急な斜面がとっても歩きにくい。
Img_311910


Img_312110


Img_312210jpg


Img_312310

15時40分。下山。
この山のてっぺんまで、自分の足で登ったんだな~。
私、すごい!
この感覚が好き。
Img_312715


さて、7時間近く我慢していたので、もう限界。
バスに乗る前にトイレ!!!
そして、びっしょりになった衣服を着替えます。
日光に来たというのに、今日はもう、温泉に立ち寄る時間がないんです。

16:16 二荒山神社前から東武日光行のバスに乗り込みます。
ここで、衝撃の事実。
満席wwwwwwwww

これは、ショック。
とおもっていたら、数個先のバス停で空席が。
助かった~~。

17時05分東武日光駅到着。

17時にホームにはいってくる17時39分発東武日光線区間快速の
座席を確保するために、いそいでホームへ。
席を確保してから、駅員さんにお願いして外の売店に
お弁当やお土産を買いに。


日光名物鱒寿司と鶏わっぱ飯。
頑張ったから、贅沢しちゃいます。

かんぱ~~~い。
そして、おやすみなさい。
あとは、乗っていれば浅草につきます。



1200mの高低差を短時間で一気にのぼる直登はきつかったけれど、
お天気にも恵まれ、紅葉も満喫できた良い山行となりました。

さて、次は、八ヶ岳!
雨、ふらないでよ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

紅葉の高尾山

混んでいるのを承知で、高尾山へ行ってみました。
父が行きたがっていたので。。

9時15分、すでに人、人、人!
ゴンドラは、40分待ち?!




人の少ない稲荷山コースを行きます。




紅葉、真っ盛り!!





半分以上登ったでしょうか?
富士山が見ました。




山頂まで、あと少し。
父に合わせて、ゆっくりゆっくり登ったので、
なんやかんや、2時間弱かかっています。
のんびり、紅葉浴(笑)

そして、山頂到着。
富士山、くっきり!
父ちゃん、よく頑張った^ ^







それにしても、凄い人




さて、お昼ご飯を食べたら、
さっさと降りましょう。

帰りは吊り橋のあるコースから。
稲荷山コースとちがい、
かなり混雑。



と、思っていたら、1号路に比べたら
たいしたことなかったのね^_^;
ゴンドラ、リフトの山頂駅と合流する
薬王院付近に来たら…



大混雑!!


なん年ぶりでしょうか。
蛸杉と再会。
堂々たる佇まい。


近くの紅葉が、とっても綺麗でした。


茶屋で、お饅頭を買ってひとやすみ。

スカイツリーを探せ!


益々、人が多くなってきました。
13時すぎなのに、まだまだ、
登って来る人のほうが多い。




さ、電車がラッシュにならないうちに、
逃げましょう(笑)




覚悟していたとはいえ、
あまりの人の多さにはびっくりでしたが、
紅葉は見事でした。
そして、やっぱり、高尾山は素敵な山。

あまり、商業化しないで欲しいなー。


2013年12月1日 高尾山


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

金峰山(2013/110/12~13)①

去年、友人が登ったというブログ記事を読んでから、
行ってみたいと思っていた金峰山に行ってきました。

*金峰山(きんぷさん、きんぽうさん)は山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村の境界にある標高2,599 mの山。
今回は、10歳の次男と夫が、山小屋デビュー。
このふたりを山頂までたどり着かせられるか
・・・・前途多難すぎるw
比較的、楽に登れる大弛峠からのルートか。廻り目からのルートか。
散々迷いましたが、駐車場の問題、そして、せっかく今回は山頂に宿泊するので、
少し長めのルートを経験してみたいということもあって、瑞牆山荘からのルートを選びました。
まだまだ、午前3時20分に都内、東側にある自宅を出発。
三連休とはいえ、中日のこの時間、さすがにガラガラ。



6時には、瑞牆荘近くの県営無料駐車場に到着。
50台ほど止められるとはいえ、かなりの競争率。
ここに止められるかが最大の懸念案件だったのですが、まずは、クリア。ほっとしました。1382623846540.jpg

朝食をとったり、着替えたり、休憩したり・・・・ウダウダしすぎて、出発したのは7時半w
ま、今日は、のんびりいきます♪
1382623850814.jpg

連休中ともあって、早々と登山者渋滞ww
1382623854522.jpg



瑞牆山荘から富士見平に向かう途中、カラマツの間から透けて見える瑞牆山。
神々しい綺麗な山です!
1382623856780.jpg


富士見平に着く手前、水場があったので、ここで、少し、水を汲んでいきました。1382623858888.jpg

50分くらいで富士見平小屋に到着。
1382623862004.jpg

富士見平小屋というだけに、富士山がくっきり。
1382623864846.jpg


紅葉にはちょっと早かったかな・・・。
1382623866688.jpg

暗い樹林帯を歩く中、時々みえる景色が綺麗。
いや、救いw

1382623869162.jpg

鷹見岩の看板近く。。大きな木が倒れていました。

1382623875600.jpg

大日小屋。ここのトイレは、かなりとすごい(笑)
が、このあと、トイレはありません。
ので、必ず立ち寄っ

ておくことをおススメします。

1382623877795.jpg

大日岩への分岐。。。というほどでもない。
まあ、迷いません。

1382623880439.jpg



途中何度か鎖場?も登場します。
こういう場所も大分、慣れてきました!

1382623882681.jpg







1382623884923.jpg 山梨で山を眺めながら梨を喰らう(笑)



大日岩近くの展望が開ける場所。
休憩を取っている人が、ボチボチいましたので、休憩しましたが、必要なかったかな。
この先、すぐに、大日岩近くにゆっくりできる場所があります。

1382623887047.jpg




ケルン発見。積石に参加してみる・・・。
1382623889077.jpg



大日岩に到着。ここでお昼休憩。
せっかくなのでのぼってみました。
1382623891007.jpg

大日岩近くの分岐点。
ここ!何気に道まちがえそうになりました!
1382623894564.jpg



険しく急な樹林帯歩きが、1時間以上つづきます。
ココが一番、精神的にも肉体的にも、メゲてくるポイント1382623896647.jpg


ここを抜ければ、絶景の稜線がまっている!
がんばれ~~!
1382623899056.jpg

続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

岩殿山(2013/9/29)

以前、友人が登って書いたブログをみて、前から行きたいなあーと思っていて。
でも、標高はさほどではないけれど、なかなか手ごわそうなので躊躇していた
岩殿山にチャレンジしてきました。

岩殿山とは、こんな山。・・・・、山梨県大月市賑岡町(旧・甲斐国都留郡)にある標高634メートルの岩殿山に築かれた山城跡小山田氏の居城であり、戦国時代には東国の城郭の中でも屈指の堅固さを持っていたことで知られた。 [出典元: Wikipedia]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%AE%BF%E5%B1%B1%E5%9F%8E

554159_512940028799511_1802137142_n本日のルートマップ。

大月市街より国道139号を桂川を渡ってすぐ左側に岩殿山公園市営駐車場があります。
10台分くらいのスペースがあるでしょうか。無料です。
日曜日の8時ごろ到着しましたが、まだ、かなりと余裕がありました。

8時14分、クライムオン。
少し歩くと登山道入り口に到着。

1380452466516.jpg

10分くらいで、丸山公園 ふれあいの館に到着。
展示物やプラネタリウムもあるらしい・・・。
ちょっと興味もあったけれど、登山シューズを脱ぐのが面倒で、
登山MAPをもらっただけで、スルーしちゃいました。

*トイレは、今回のルート中、ここしかなかったと思います。
要注意です!

1380452468492.jpg 1380452470474.jpg 1380452473362.jpg 1380452477493.jpg

山頂にむけて、歩き始めます。
ん?クマ、イノシシ、注意の看板が。
でるんかいっ(汗)

1380452483306.jpg


1380452490589.jpg
今回出会った変なキノコ1号。

1380452494452.jpg 変なキノコ2号。

1380452502847.jpg 岩殿城城門跡。



9時35分、あっという間に岩殿山山頂に到着。
スカイツリーと同じ高さ、ムサシです。
1383517_512280648865449_205031895_n 1380452497203.jpg

1380452507404.jpg


おっ、雲が流れて、富士山見えてきた!!
1380452510166.jpg



景色を眺めたり、写真を撮ったり、休憩したら、稚児落としにむかって出発。
先ほど通り過ぎた、分岐まで戻ります。

1380452499919.jpg

急に山道らしい山道になります。
1380452512288.jpg


1380452514920.jpg
最初の試練。鎧岩の1段目。5mくらいの登りです。ほぼ垂直。            

1380452517212.jpg 1380452519125.jpg
1380452522039.jpg
道々に登山道の道しるべがあるので、迷うことはありません。






写真をみてビビッていた兜岩のトラバースまでやってきました。
一応、う回路もあります。
が、チャレンジ。
一歩間違えば、さよーならーーーーです。

1380452524401.jpg
実際、歩いてみると案外大丈夫。距離もさほどないですしね。
とはいえ、危険は危険。慎重に、慎重に。

そして、そのまますぐにこの崖をよじ登らなくてはなりません。
ここも、一歩間違えたら、さようなら~です。

1380452526109.jpg 1380452527773.jpg 1380452583981.jpg


無事、登りきれました~。経験値アップです。




1380452586449.jpg 天神山頂脇の浅利天神



1380452588348.jpg 富士山が綺麗。

1380452589731.jpg 変なきのこ3号。

1380452591325.jpg
稚児落としがみえてきました。ひええーー。まさに断崖絶壁。






稚児落とし到着~~~~。臨場感あふれる写真がとりたかったけれど、余裕なし(笑)

1380452593329.jpg 1380452595517.jpg


1380452597029.jpg
登山者もの少なかったので稚児落としのてっぺんで昼食~。
今日は手抜きして、ご飯を炊いて密封容器に詰めたものを
もってきて、そこにレトルトカレーをかけてすませちゃいました。
でも、山でカレーというのも新鮮で美味しい★






さて、下山しますか。


1380452598911.jpg
想像以上に歩きにくい、本格的な山道が続きます。


1380452600218.jpg
この民家がみえたら、山歩きはおしまいです。


このあとは、テクテクと大月駅をめざして、街歩き。

1380452601963.jpg
コスモスっていいなあ~。




1380452603949.jpg
今日のぼった岩殿山の全景がみえてきました。


標高は高くないけど、楽しみ盛りだくさん。
大月駅から徒歩でいかれる岩殿山。

楽しい山歩きでした。

また、来ようっと♪♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

北アルプスデビュー(燕岳③)

2時くらいには、目が覚めてしまった。
どうやら、旅の間は、ずっと遠足前夜の子ども状態のままらしい(^^;;
おとなしく皆が起きてくるまでじっとしていました(笑)
でも、すぐに早朝出発する人たちが起きて
バタバタと準備。ちょっとうるさくないかね?!
自分が縦走するようになって、早朝出発するときは、しずかーに行動しよ。


御来光と雲海をみることを楽しみにしていたのだけど、
外は小雨。 んー、これはムリそう、、、、う~~残念。



朝ごはんも長蛇の列。
でも、素晴らしい手際でさばいていくんですよ。
荒々しくなることもなくね。
この日は、畳1畳に2人、廊下にも、乾燥室にも寝ているひとがいるくらい、
人、人、人であふれているのに、トイレや洗面台が不潔になることもなく、
トイレットペーパーなどが切れていることもない。
廊下なども髪の毛やほこりで汚れている・・なんてこともない。
スタッフさんは、この日きっと眠る時間もなかっただろうな。
本当に素晴らしいサービスだと思いました。
さすが、「もっとも泊まりたい山小屋」(←だったかな?)に
選ばれるだけのことがあるなと思いました。



さて、さて、こちらが朝食。
ご飯やお味噌汁のおかわりもできます。
しっかり山盛りご飯をおかわりして、エネルギーチャージ完了!!

1378766786206.jpg



今日は降りるだけだから、まだ時間あるね~なんて、
荷物を整理したり、ゴロゴロしたり、まったりしていると、
ちょっと外が明るくなってきた。
せっかくだから、もう一度、山頂までいってみようか?
ということになり、外にでてみると・・・・・。



光のカーテン?!!!!
すごいっ。神秘的~~~。


1378766788345.jpg

 

1378766789687.jpg

北アルプスの朝。
どこをみても美しい。

ああ、、お天気が回復して本当によかった。

1378766791223.jpg



さ、山頂へむけて出発。
朝日を浴びる燕岳への道は、
また、昨日通った道と違って見えます。


1378766794040.jpg

なんと、ここでさらなる山からのプレゼントが!!

雷鳥です!!

わっ、雷鳥、ライチョウ!!と嬉しくってアタフタしていたら、
こっちにお尻を振りながら走ってきて、目の前で
ハイ、ポーズ!!しかも、カメラ目線(笑)

いや~~、嬉しかった♪

1378766796935.jpg

朝露にぬれたコマクサをはじめとする、
高山植物がなんとも色っぽくって♡

1378766798213.jpg

1378766799719.jpg

1378766801627.jpg2度目の山頂でも、やっぱり記念写真(笑)


楽しすぎて、ついつい時間を使いすぎちゃいました。
そろそろ下山しなきゃ!!

名残惜しいながらも、印象的だった「おじさん」(←ホントは、「やまおとこ」)
にお別れををつげ


1378766802642.jpg

1378766804471.jpg
お世話になった燕山荘の前で記念写真。
ありがとうございました。また、来ます!!必ず。


下山の道も大混雑。
山頂で遊びすぎたので、休憩なしでどんどんくだっていきます。
こんにちわ~と登ってくる人たちの顔が、とっても苦しそう。
こんなに急な道だったっけ??
きっと、緊張して張り切っていたから、
急だ、大変!って感じる余裕なかったんだろな、私(笑)

1378766806289.jpg


無事に下山できました。
有明荘のお風呂まで長打の列だったけど、
なんとか汗流して、バスにも間に合いました。
ものすごく、バタバタで時間がなかったのに、
しっかり、風呂上りのビールも飲みました(笑)



たった2日間の出来事なのに、
ギュッと思い出がいっぱいいっぱい詰まった
今回の燕岳登山。
忘れることないだろうなあ。

サポートしてくれた友人たちに、
本当に感謝です。
ありがとう!!
このお礼は、
これからも、いっぱい山登ることで
返しますね!


さ、次は、どこ行こうかな~~~~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Index